HOHBUKURO : 西部の警察のアリス

| コメント(0) | トラックバック(0)

フルサワの高校時代は,田舎高校でメタルなアティチュードで生きる(長髪にしたいってだけのことだが)という,いわば校則と政則のせめぎあいの結果,「Mulletヘアスタイルに学ランの中はロックTシャツ」なるおよそ最悪な解を見出した暗黒時代であります。

ロックTもBUURN!誌モノクロページ通販に頼るしかなく,アリス・クーパーがジャケで着てるやつを買ったつもりが,妙にプリントの質が悪く蛍光ピンクが飛び散ってる劣化コピーが届いたり…

さて本題,西部警察・第113話「狙撃手、大門」の話です。ストーリーは,妹・明子を人質にとられ,来日する経済学者の暗殺を強要される団長云々…というもの。

06.alice01.jpg

タニさんゲンが入国管理局だかに来日中の要人を調べに行きます。

06.alice02.jpg

そこで台帳をめくっていると,そこには「Alice Cooper」「8440 Santa Monica Boulevard」「Los Angels California」の文字が!

アリス・クーパーの方が大物では?とか,放映日が1982年1月17日ということはアリス・クーパー低迷期だからなぁとか,そもそもいくら射撃の腕を見込んだとはいえ,刑事を脅迫して暗殺をさせようという右翼幹部って?とかとか,思うところはあるものの,高校時代の淡い想い出が甦り,後ろ髪が伸びる思いでした。

台帳に載っていた住所については,今ではヨガスタジオがあるくらいで,由来はよくわからぬまま。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hohbukuro.jp/mt/mt-tb.cgi/53

コメントする